FC2ブログ

ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

10月25日:金を探しに黒川鶏冠山へ。

さてこの日は、所属する清里ネイチャーガイドクラブの公募ツアー「黒川鶏冠山〜奥秩父の山へ/戦国金山跡のトレッキング〜」のガイド。僕はサブガイドで、メインはmontbellツアーで知らん人はいない(であろう)、保坂さん。 下見の時には倒れていた橋脚がちゃんと修復されてて、安心して渡河。 ■ひといき荘のホームページはこちらから♪    にしても紅葉が綺麗だったー。 寡黙ながらも、サクッ...

2018
09

11月7日:八ヶ岳の火山の歴史が本当に深く分かったし、アヒージョにトマト鍋に豚肉味噌漬け焼肉は、壮年ガイドたちには多すぎたというのもよくわかった1日。

この日は、所属する「清里ネイチャーガイドクラブ」のガイド技術研修。 若手&お父さんガイドの下田氏を講師にして「八ヶ岳の成り立ちと地質」について、南沢と北沢を巡りながらみっちり講習。 下田氏は、父上の影響もあって8歳から地質に興味を持って、島根大学地球資源環境学科では、1回生から院生と一緒に研究してたっていう、もーエキスパート学者。 でも、知識を持ち合わせながら伝え方もわかりやすく、今回配られたレジ...

2018
07

7月10日:霧ヶ峰の高層湿原を渡り歩きながら、分水界そして、黒曜石文化に思いを馳せる。

さて、下見の下見では晴れながらも、、、6月19日:車山高原は、スペインの巡礼路に勝るとも劣らない広大な景色を歩ける。本番1週間前の下見では、大雨にたたられた、清里ネイチャーガイドクラブの公募ツアー「中央分水嶺トレイルを歩くPart.2 車山高原のニッコウキスゲを見ながら」の山行。7月5日:暴風雨の車山高原は、コロボックルヒュッテで”ゆるキャン返し”に限る。本番当日はどうなることやらと、ヒヤヒヤしたのだけれ...

2018
11

7月5日:暴風雨の車山高原は、コロボックルヒュッテで”ゆるキャン返し”に限る。

さてこの日は、7月10日(火)に開催する、清里ネイチャーガイドクラブ公募ツアー「中央分水嶺トレイルを歩くPart.2 車山高原のニッコウキスゲを見ながら」の、下見へ。残り2名様となりました!↓↓お申込みはこちら↓↓ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー清里ネイチャーガイドクラブ(担当:成田)電話:0551-48-2435(ペンションまんてんぼし内)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー前回は1人...

2018
06

6月19日:車山高原は、スペインの巡礼路に勝るとも劣らない広大な景色を歩ける。

さてこの日は、7月10日(火)に開催する、清里ネイチャーガイドクラブ公募ツアー「中央分水嶺トレイルを歩くPart.2 車山高原のニッコウキスゲを見ながら」の、下見の下見へ。ちなみに定員には達したのですが、あと3名様追加募集となりました!↓↓お申込みはこちら↓↓ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー清里ネイチャーガイドクラブ(担当:成田)電話:0551-48-2435(ペンションまんてんぼし内)ーーーーーーー...

2018
19

6月13日:八ヶ岳の林は苔、そして稜線は高山植物の花々が楽しめるいい季節なので、硫黄岳と横岳へ行ってみた。

さて本日は、6月20日(水)に開催予定の、清里ネイチャーガイドクラブ公募ツアー「赤岩の頭(2656m)・峰の松目(2567.6m) 八ヶ岳の山々へ/旬の花と苔を山麓に求めて」の下見へ、メインガイドの橋詰さんと。※当ツアーは満員御礼ですが、現地集合可能の方に限りご参加可能の場合もございます。詳細は下記へお問い合わせください。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー清里ネイチャーガイドクラブ(担当:成田)電...

2018
13

6月4日〜5日:360°全開青空の西穂高岳山頂で、GoProFusionの全天球撮影を撮るとどんな感じ?こんな感じ!あと、ワイン2本開けた。

さてこの日は、僕が所属する「清里ネイチャーガイドクラブ」の橋詰代表とプライベート山行。いつも八ヶ岳の”リーアム・ニーソン”とか”コリン・ファース”とか書いている橋詰さんと一緒に歩けるんだから、、、スタート時点@新穂高ロープウェイしらかば平駅でニヤニヤ。ひとまず、今回の行程はこんな感じ。 ■ひといき荘のホームページはこちらから♪   西穂高口を午前9時27分に出発。ここから西穂山荘までは、...

2018
12