FC2ブログ

ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

雪とウイスキー@スキットル情報。

2011
24
昨夜(5月23日)は、久々に冷えたので薪ストーブに火が入る。
そうなると、部屋の中は寒いわけじゃないけれど、なんとなくウイスキーが飲みたくなる(根拠なし)。

して、書斎デスクに忍ばせてあるスキットル(ウイスキーボトル)が、いそいそと手元に移動してくる。
IMG_1077.jpg
好きな(たくさん飲む)お酒の順番としては、、、
日本酒>ビール>赤ワイン>白ワイン>ウィスキー>焼酎
な上、あまり銘柄も分からないまま飲んでいるのだけど、なぜか2つある。

これは、マレーシアの食器メーカー「Royal Selangor」の、錫のスキットル。
製造物責任者が、出張の時にお土産で買ってきてくれたもの。
IMG_1078.jpg
錫製品だけあって重量感がある。

こちらは、アウトドアメーカーSnowPeakのチタン製スキットル。
IMG_1079.jpg
軽く湾曲しているのと、チタン製だけあってとてつもなく軽いので、山へ行くときはこれを持っていく
事が多い。

どちらも1万円以上はするから、贅沢品だな。でも、寒い時とかにクィッと飲むと、内側からジワーって温まる感覚がやめられん。

して、振り返ってみると、酒好きなガイドがご案内しているだけあって、スノーシューツアーのお客さん
も、ウィスキー持参の方が多い。

これは、さかなくんがスノーシューツアーで持ってきたスキットル。サントリー白州蒸溜所のオリジナル。

■2月27日:八ヶ岳の”さかなくん”がスノーシューツアーに!?

こうして、ミニボトルのまま持ってくるのもありですな。

この時は雪割りしました。
■3月5日:今年も元気にちょろきんスノーシュー

あ~、すごく懐かしい写真も出てきた。もう5年も前のツアーの時、お客さん(ひろし氏)が持ってきた
マイスキットル。グラス付きなのが憎かった。

■2006年2月6日:日頃の行いツアー

やっぱり、雪とスキットルって似合うよね。

■雪の愉しみ方



さて、「カヤックとワイン」に続きます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あらゆる湖に出没。カヤックツアーならひといき荘
ホームページはこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

0 Comments

Add your comment