FC2ブログ

ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

これからの記憶

2006
15

僕の場合、記事を書くことが、そのまま自分の日記になるので、
なかなか便利な仕事だなと思うことがある。

イベントの取材のような幸せな取材もあれば、反対運動のような、パワーの必要な取材もある。

分野に特化しないのは、手薄になりがちな感もあるけれど、
この点が、日刊紙記者には無い楽しさがある。

おまけに、アウトドア系のウエブマガジンのライターとして筆を執ることもあるので、
それぞれの気分転換に丁度良い。

それにしても、最後に日記を書いてからだいぶ日が経ってしまった。
そろそろ、遡って一日をたどっていかないと。

ところで久しぶりに、図書館で借りる本を自分で選んでみた。

0605051.jpg

 

 

 

 

魚が見た夢

 

0605052.jpg

 

 

 

 

亡国のイージス

 

あと、松本清張の短編一冊。

[魚~]は、風呂に浸かっているときに。

[亡国~]は、風呂上がりにソファで眠りそうになるのをこらえながら読むときに。

松本清張の短編は、車や外での待ち時間に。

たまには自分で選ぶのも悪くはない。でも、やっぱり知人に勧めて貰うのが一番ロスが少ない。

一日、数ページでもいいから本を読む。

そして、、、

0605053.jpg

なんでもいいから、映画を一本観る。

 

 

 

泥棒野郎

こうして、ようやく眠ることができる。

関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

1 Comments

コミ  

この紹介を読んで 今日本屋に行ったら
亡国のイージス平積みになってた。
うーんどうしようかなあ と思いながら
今度にしようと。
今 上下はまったら寝不足になるから。
ハリポタも出るし...
感想聞かせてください。

2006/05/16 (Tue) 21:55 | EDIT | REPLY |   

Add your comment