ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

今宵の光景を眺めないで、

2007
01


今世を終えることは、やはり何らかの悔いが残るはず。


0701311.jpg


今夜の月齢は約12.0。


満月まであと数日ってところだけれど、この明るさ。


月を背に写真を撮ろうとすると、逆光になるほど。


 


 


歩き始めて、林間を抜けると、この光景を眺めることができる。


0701312.jpgその光景は、時間も空気も思考も全て止めて、


ただ、何も考えずに佇ませてくれる。





ホットワインを飲んで、しばし休んだあと、雪寝の場所へ。

 0701314.jpg


雪寝。
音を立てず、何も考えず、何も話さず、何も感じ取ろうとせず、
ただ、今いる自然に身を委ねる。


 


この光景を目の前にすると、


「何かを感じ取ろう」


なんて、無謀な試みだと気付く。


もう、僕たちの表現力を超えた世界。

自分の感じられる範囲で感じればいい。
それが雪寝。


0701313.jpg約束の時間が過ぎても、誰1人として起きようとしない。


昨年、この雪寝をしながら泣いた人がいたけれど、


今回ばかりは、フジケンも涙腺がゆるゆる。


 




 


0701315.jpg
名残惜しいけれど、時はやっぱり止まってくれない。
ということで、シズシズと下山。


再び、林の中へ入り、雪面に映された木陰を眺めながら歩く。


夕方のダケカンバも綺麗だけれど、月明かりに照らされた彼らも
輝いている。


 


あぁ、もうたまらん。もう、こりゃ、行くっきゃない。
はい、こちら↓


[蓼科スノートレッキング倶楽部]


余談だけど、、、、


070131_2132~0001.jpg


自宅への道中、


五分ほど、チビ猪に道を妨害された。


←お前は暴走族かっ。



関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

1 Comments

ゆりぞう  

はじめまして

ミクシイの足跡から伺いました。ゆりぞうです。どうやって書き込みすればいいのかよくわからないけど(これでいいのかな?)雪寝の写真を見ただけで、今の私は涙でました。ちっちゃな暴走族見て、笑顔が戻りました。ではでは!

2007/02/05 (Mon) 16:43 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  蓼科でのムーンライト
  • 友人フジケンは蓼科で『ムーンライトハイキング』を実施している。何を隠そうムーンライトは彼のアイディアです。私が「いいなぁ。やりたいなぁ。」ってぼやいたら、「いいじゃん。あいちゃんもやったらいいじゃん。一緒にやろうよ。」てな話になって、この企画が生まれたの
  • 2007.02.03 (Sat) 13:47 | 五味五感~IVORY~