ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

12月15日:青空と雪景色の縞枯山へ

2016
15
ここ数日の八ヶ岳は、麓はあまり雪が降らねど、標高の高い、山の稜線付近は雪雲がかかっているような日々。
そして、この日は大快晴ということで、北八ヶ岳スノーシューツアーのフィールド調査へ。

いつもお世話になっている「北八ヶ岳ロープウェイ」さんにご挨拶した後、さっそく乗車。
約8分で標高2,240mの山頂駅に到着。
th_PC150846.jpg

北アルプスも中央アルプスもバッチリだよー。
th_IMG_6105.jpg 
とはいえ、まだまだルート上をしずしずと歩くのみ。
th_IMG_6107.jpg 
にしても、きれいな青空!
八ヶ岳は、晴天率の高さと”八ヶ岳ブルー”と呼ばれる青空が自慢。
th_PC150880.jpg 
ふっかふかの雪なので、吹き溜まりは軽くラッセル。
th_IMG_6192.jpg

縞枯山展望台に到着ー。360°絶景の中、マルタイ棒ラーメンを食す。うまかったー。
th_PC150896.jpg

八ヶ岳、南アルプス、秩父山系の山々のほか、佐久の町並みなどなど絶景なり。
th_PC150899.jpg

さて、帰路へ。th_PC150901.jpg

北方向はこんな感じ。
th_PC150902.jpg

林間をゆっくり歩きながら、
「実は今日、ハンモック持ってきたんですよ」
と、同行の中島さんに話したら、、、

「おぉ、実はオレも!」
とな。
th_PC150906.jpg

ということで、今年2月に、スタッフ1号と縞枯山へ登った際にハンモックを張った場所で、今日も一休み。
th_PC150909.jpg

一寝入り。
th_PC150912.jpg

中央アルプスの山々を眺めながら、ボーッと。
th_PC150916.jpg

こちらは、今年(2016年)2月、当時4歳のスタッフ1号と縞枯山に登った時の1枚。
th_P2030171.jpg

ENOsub7&Heliosストラップは、計367gという超軽量。

標高2,000mの雪の中で張っても、雪面からの寒さが無いので意外とノンビリ過ごせるのが魅力。

当時4歳だったスタッフ1号も、エビの尻尾(雪)がビッチリ付いたシラビソの間から見上げる青空を眺めながら、のんびりしてたからなぁ。

そして、狭い林間に張ったハンモックを、広い画角で細かく捉える
OLYMPUS OM-DE-M1&M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
の組み合わせも良。

iPhoneアプリで、画角以外の全てを操作できるので、セルフタイマーとはいえ、ゆったりとした自然な表情を撮れるしね。
th_IMG_6109.jpg    
見上げればこの景色。
th_PC150919.jpg

さて、いい加減起きて、帰ります。          th_PC150923.jpg 
下りはあっという間。th_PC150929.jpg 
天池峠まで下りてくると、もう体はポカポカ。th_PC150933.jpg 
ちょっと写真撮りを楽しんでみたり。
th_PC150940.jpg 
なんとも楽しい1日なのでした。th_PC150943.jpg 

関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

 八ヶ岳 雪山 スノーシュー ハンモック eno sub7

0 Comments

Add your comment