ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

6月14日:中央分水嶺トレイルを歩いて、日本のロングトレイルの魅力を再発見してみた。

2017
16
さてこの日は、清里ネイチャーガイドクラブの公募ツアー「中央分水嶺トレイルを歩くPart.1」
このコースは、日本を横断する中央分水嶺のうち、霧ヶ峰・美ヶ原高原を中心とした中信高原を歩くトレイルを歩くもので、この日は、全長38kmのうち、始点の長門牧場から大門峠までの距離をテクテク。

当日の参加者は、ガイドクラブ常連の方から、初参加の浜松徘徊倶楽部のメンバーの皆さんなど、総勢11名(ほかガイド2名)。

農家の方には申し訳ない空梅雨のおかげで、青空の下で出発前の写真を撮り、涼しい風の流れる林の中を歩きながら、水守をした「牛首小屋」跡や、堰の歴史、はてまた鉄塔構造物の説明を交えながら、約12kmの行程を歩き切りました。
 
長門牧場で青空をバックに記念撮影。
th_P6140005.jpg 
ちょっと体育会系風?
th_P6140006.jpg 
牧草地内を抜けます。
th_P6140041.jpg 
ちょっと昭和なポーズ。
th_P6140057.jpg 
朝露に濡れた牧草の間を抜けて歩くのは気持ち良いもので。
th_P6140073.jpg  
ピーチクパーチク喋ってます。(小林さん撮影)
19092607_1892828340955228_2500304111926237912_o.jpg 


今回は、主に木々の間を抜けるコース。
th_P6140092.jpg 
牛首小屋跡。
th_P6140108.jpg 
遠方には、次回歩く予定の車山高原が。
th_P6140115.jpg 
これまた昭和なポーズ。上を走る送電線は、山好きには馴染みのある梓湖へつながってます(乗鞍・上高地へ向かう国道158号線沿いのダム湖)。
th_P6140118.jpg 
葉脈がきれいなホオノキの葉。
th_P6140122.jpg 
ツツジも日当たりの良いところは満開に。
th_P6140125.jpg 
溜まり水にはたっくさんのオタマジャクシ。 th_P6140129.jpg 
女性陣は花を、男性陣はオタマジャクシを。くっきり興味が別れるのですな。
th_P6140131.jpg 
ミズナラの木と白樺の木のアーチ。
th_P6140141.jpg 
それにしても好天でした。
th_P6140146.jpg 
お目当てのクリンソウは満開。
th_P6140157.jpg 
堰を挟んでランチタイム。 th_P6140160.jpg 
堰の水を浄水して、コーヒーサービス。
th_P6090179.jpg 
ハイジャンプ!
th_P6140168.jpg 
しばらく、道なき道を進みます。
th_P6140186.jpg 
道を隔てて、植林と自然林の境がくっきり。
th_P6140196.jpg 

th_P6140207.jpg 
湿地帯のコバイケイソウは葉が全開。花はもう少し先か?
th_P6140224.jpg 
下草が綺麗に整備されていると、綺麗な林が広がります。
th_P6140232.jpg 
冬のスノーシューでもおなじみの光景。なんの香りを嗅いでいるのやら?
th_P6140266.jpg 
無事に到着!お疲れ様でした。
th_P6140279.jpg 
公共バスで長門牧場に戻り、長門牧場さんの濃厚ソフトクリームを頬張りながら疲れを癒やします。
th_P6140289.jpg 
サブガイドの小林さんが、イナゴの佃煮を買ってきてくれたので、スケキヨ風にトッピング。
小林さん勤めるオオムラサキセンターで、近々食せるかも!?
th_IMG_4008.jpg


関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

 八ヶ岳 トレイル トレッキング

0 Comments

Add your comment