ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

7月12日:保育園児でも、試行錯誤して息を合わせればカヤックも前に進んでくれる。

2017
14
さてこの日は、スタッフ1号が昨年まで通い、今は2号が通っている保育園の園児(年長さん)を迎えてのカヤック体験。

この体験は、子どもたちを森へ誘ってくれる案内人のゴリ(小西 貴士)と3年前から毎年開催してるもの。

th_P7120008.jpg 


ほとんどがカヤック初体験の子どもたち。しかも、大人が乗らずに子どもたちだけで漕いでいくという、なかなかチャレンジャーな企画。th_P7120069.jpg

陸上でも、パドルの使い方をもちろん教えるけれど、やっぱり体で感じ取っていくのが早い場合もあって。
最初は「ふーじけーんさーん、たーすーけーてー」とか、「あっち(まだ右・左がしっかり判断できなかったりする)に行きたいー」とかとか叫んでくる(くれる)。

教えてあげるときもあれば、ヨイショするときもあって、はてまた間に合わなくて自分たちでアッチコッチ漕いでるときもあって。
そうこうして気づいたら、、、、

「ふーじけーんさーん、なんとかなりましたー」なんて声も聞こえたり。まぁ、面白いもので。
th_P7120118.jpg

先生たちも、いろいろと趣向を凝らしてくれて、、、
th_P7120133.jpg

橋の上からオヤツ(金平糖)を下ろす係を作って、かごに入れたオヤツをスルスルと下ろす。
子どもたちは、もちろんオヤツが欲しいから、狭い橋の下めがけて必死に漕ぐ。なかなかたどり着けないけどね。
th_P7120043.jpg 
取れたー。
th_P7120057.jpg 

もうちょっとだー。th_P7120093.jpg   
th_P7120228.jpg

あと、クイズを出したりしてね。
てか、このじゃがいもみたいな顔は誰だ?さぞかし描くのが難しかっただろう。
th_P7120248.jpg

お昼ごはんは、保育園から給食の先生が運んでくれて、僕も一緒にいただきます。
th_P7120146.jpg   
午後もほとんどの子が「午後も乗りたい〜」と言って、我先に乗艇。
今回、水鉄砲を使わなかったのだけれど、その分、子どもたちがパドリングに集中して達成感を得られてた感じ。
もちろん、行きたいとこに漕げなくて悔し〜って感じもだいじ。他の事に集中しまくっちゃうのも大事。
カヤック体験としての進行ももちろん大事なのだけれど、それぞれの”だいじ”を腹八分で分かち合いながら進められる余裕を持った進行が良いなぁ、とかとか、先生たちと振り返って愉しい1日が終わったのでした。
th_P7120279.jpg 
こんどは、四尾連湖でガッツリ水鉄砲で遊ぶぞー。
th_P7020713.jpg 


関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

 カヤック 子連れ

0 Comments

Add your comment