ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

3月28日〜29日:サンライズ瀬戸の寝台券は必殺”10時打ち”でゲット。そして連結のギミックは見応えあったけど、疲れてあんまり夜更かしはできず。

2018
10
さて、無事にしまなみ海道を走り終えた3人。

残るは夜行列車@サンライズ瀬戸に乗って、一路東進。

1803281-2.jpg
1803282.jpg
180329-2.jpg



僕は自転車をレンタサイクルに返却し、中さんが輪行してくれた自転車は、今治駅の改札口にて有料で預け、近くの銭湯「喜助の湯」で汗を流して夕食も済ませる。

して、今治駅19時19分発のいしづち30号に乗車して、まずは坂出駅へ。
GoPro_VR_Player_-_file____Users_fujiken_Pictures_GoPro_Fusion_Rendered_VIDEO_0302_mov.jpg

入浴&夕食は済ませたので、この車内でしっかり寝てもらって、サンライズ瀬戸でしっかり目覚めてもらう計画。にしてもすごい寝相だな。
th_IMG_2075.jpg

坂出駅で約20分の乗り継ぎ時間を経て、いよいよサンライズ瀬戸へ。


ちなみに、指定券(寝台券)の予約はみどりの窓口でしか販売せず、且つ、1ヶ月前の午前10時からスタート。
しかしその時間ではツアーに間に合わないため、発売前に予約申し込みをする「10時打ち」(後でこの名称を教えてもらった)なるものを敢行。

ということで、1ヶ月前(2018年2月28日)の午前7時(みどりの窓口が開く時刻)に小淵沢駅へ。
IMG_1540.jpg 
まずはここで予約表をもらう。
IMG_1542.jpg 
そして諸々記入。
ちなみに「記事・MEMO」の②シングルで、細かく指定しているのは、この番号部屋だと、同じシングルでも端側にあるので天井が高く広々してる。
IMG_1544.jpg 

あとは、受付票を受け取り、駅員さんの早打ちを祈りながらツアーへ。

IMG_1553.png

そして夕方、ツアーが終わって小淵沢駅へ赴いて、無事に希望通りのチケットを入手できたというわけで。 
IMG_1554_20180409011530608.jpg

話しは戻って、サンライズ瀬戸の車内へ。僕とスタッフ1号が泊まったシングル・ツインは二段ベッド。
スタッフ1号が寝た上段は電動式カーテンで、高い位置に窓があるので景色を眺めやすい。
その他、FMラジオ(NHK)、ライト2つ、ザックを入れるボックスが配置。

して、出発してあっという間に瀬戸大橋を渡り、22時23分岡山駅に到着して、サンライズ瀬戸とサンライズ出雲の接続を見学。坂出駅からサンライズ瀬戸(上り)に乗車した場合、岡山駅にて見学が可能。8号車に乗車していたので、すぐに接続場所まで移動することができたので、ベスポジ確保。

こういうのは、ワクワクしちゃうね。
GoPro_VR_Player_-_file____Users_fujiken_Pictures_GoPro_Fusion_Rendered_VIDEO_0312_mov.jpg 

見学が終わって、再び出発した後は、ラウンジで軽く乾杯して就寝。
翌朝、東京駅到着。後は再び羽田空港へ戻って、飛行機長めながら朝食を取って八ヶ岳へ戻ったのでした。
th_P3290260.jpg   
以上!



関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

0 Comments

Add your comment