ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

5月16日:カンマンボロンの浸蝕穴と大屋根は、花崗岩が塔立する瑞牆山の中での隠れたみどころ。あと、グリーンベレー。

2018
22
 さてこの日は、所属する「清里ネイチャーガイドクラブ」の研修山行。

ルートマップや読図等をせずに、瑞牆山の近くにあるカンマンボロンを目標に歩くというもの。
国土地理院地図への登山道表記はなく、登山口に標識は無いような場所。
クライマー等による踏み跡はしっかりあったものの、カンマンボロンへの分岐をみんなで仲良くロスト。なんとか無事にたどり着きまして。

どどん。て、写真じゃなかなか伝わらないですよな。これはいつかスタッフ1号を連れていきたい。
カンマンボロンとは、大日如来の化身と言われている「不動明王」を梵字表記したもの。。。
と言われているけど、梵名だと「アチャラナータ(अचलनाथ [acalanātha)」。カンマンボロンじゃないじゃん、と思ってちょっと調べてみたら、種子(しゅじ・親となる梵字に点や線を加えて、その梵字一文字で仏を表現した文字のこと)で「カンマーン(हाम्मां、hāmmāṃ)」と読むそうな。なるほどね。
th_2BE42E7D-6ACF-49AE-9DFE-BFFBD3E73790-1567-0000019F95B0A86E.jpg 
ちなみに、ここにもクライマーが登った跡。こんな壁を登るたぁすごいなぁ。
カンマンボロンは霊場(候補)でもあったんだけれど、その岩壁に残されたクライマーが登った跡を見ながら、2012年頃に那智の滝に登ってクライマーが逮捕された事件を思い出した。ちょっと複雑な気分。



岩の間に咲く花。クモイコザクラか。
th_2FB11AFA-9838-4FA3-9BAB-2D14D927365D-1567-000001B6E726D4CC.jpg

花より団子。
th_P5160029_2018052206522182c.jpg

前回の登山研修で、ストイックオジサンの皮が程よく剥がれて親近感が更に増した中村ガイド。 th_IMG_3191.jpg 
これは頭の体操になったなぁ。今度、スタッフ1号と(嫌がられない程度に)やってみよ。
th_IMG_3208.jpg 
そして、ふと落ちていた地衣類を頭に載せたら、すかさずシャッターを切る橋詰ガイドに撮ってもらった、第二期グリーンベレー。第一期は怖くてもう写真UPできまへん。
IMGP1989.jpg 
冗談はさておき、山行後半でコーヒータイム。
th_P5160035.jpg 
代表の橋詰ガイドが淹れてくれるコーヒーはホント美味しかったぁ。
関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

0 Comments

Add your comment