FC2ブログ

ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

5月15日:山菜を見つけたる観察眼と見つけたときの瞬発力は、最奥に秘めたる人類最後のパワーだと思った1日。

2019
16
さてこの日は、ガイドとして所属している「清里ネイチャーガイドクラブ」の研修山行。

岩場歩行をメインとしたガイディング研修ということで、天狗山→男山の縦走。

曇天で遠望叶わねど、下界や八ヶ岳の中腹は一望。
男山の山頂ランチでは、黙すれば渋親父の2人(特定はせず)がホントに美味しい珈琲を淹れてくださりマンダムな時間。

にしても、昼食後の行程は山菜の宝庫だったため、気がつけばハイフラ起こしたウインカー並みに直角ターンで消えていく代表含めメンバーを探すファインディング技術がかなり鍛えられる(半分以上脚色)。

とにもかくにも、タラノメ、ゼンマイ、コゴミ、シオデ、そしてスタッフ1号と瑞牆山に登った時以来欲しい欲しいと嘱望していた岩茸をゲット。
そこに、ウドを代表の庭からいただく。

これを奥さんが天ぷらにしてくれて、美味しくいただきましたとさ。


まんず、男山から攻める。
この山行、いかにメンバーのお腹が出ていないアングルで写真を撮るかという個人的な研修も含まれる。
th_IMG_5119.jpg



th_IMG_5127.jpg

久々の天狗山山頂。標識が新しくなってた。
th_IMG_5129.jpg

中村ガイドから借りたルーペを使ってiPhoneで写真を撮る。きれーー。
th_2CF6D777-3249-4C50-A1AB-50362F229069.jpg

天狗山を過ぎた稜線から南方向。
閉鎖されてそのままの川上ゴルフ倶楽部を眼下に眺め、その先は白マルチが張られた川上村の畑群。

そして、横尾山やら女山の右反対には八ヶ岳の稜線がちらり。

th_BD6BF553-2A97-4591-AC1F-4E4B93962B9C.jpg

振り返れば天狗山。
th_IMG_5146.jpg


th_IMG_5153.jpg

山でいただく珈琲ってもうホントに美味しい。
でもって、今回は珈琲焙煎工房 豆玄の豆!贅沢ー。

th_2BB16731-7200-4BF7-A8C8-B57142079A93.jpg

下山途中、男山を見上げる。
th_IMG_5158.jpg

この日一番の一致団結シーン。
th_A0214A67-6989-4641-ADC4-14534ABEF80C.jpg

成果。
th_7C721339-BAA8-4FB9-B401-B4358273FCDF.jpg

お客様からいただいた日本酒と一緒にいただきまーす。
th_21EE6CB6-7FE6-4410-B26B-DC7F61B24076.jpg

関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

0 Comments

Add your comment