FC2ブログ

ひといき日記

ひといき荘のツアーレポ、八ヶ岳での家族との生活の日々。

9月13日:苔を愛で、池を巡って地獄へ堕ちても、浮遊層になった1日。

2019
17
さてこの日は、社会不適合独立愚連隊の私が唯一所属するガイド組織「清里ネイチャーガイドクラブ」の公募ツアー【雨池・八柱山(2115m) 八ヶ岳の山々へ/苔と針葉樹の森を歩く】の日。

今日のメインガイドは、「困ったら津軽弁を出せば何でも切り抜けられる」生粋の津軽女史が主役。
ということで私は、最後尾で有る事無い事あ~だこ~だと言い放つ役(少し違う)。

まずは麦草峠から出発。
th_P9130004.jpg


白駒池方面並か、それ以上に苔むした大地の中を粛々と歩きまして。
th_P9130061.jpg

あぁ、こういうのを愛でる年になったのかなぁ。
th_P9030020_2019091418122906a.jpg

でもほんときれい。
th_P9030024_20190914181230161.jpg

林の中に住んではいるけれど、こういう一味違った景色はまた違った趣が。
th_P9130041.jpg

はい、雨池到着。広さがわかるかな?
th_P9130052.jpg

こちらは1週間前の下見の際、ドローンで撮った写真。
2_20190914181226837.jpg

ちなみにこちらが四尾連湖。おんなじくらいの大きさかな。
2_20190716200250ff7.jpg

再び下見時の雨池上空からの空撮。湖最奥にチョコッと出っ張ってるのが八柱山。
1_20190914181225f02.jpg

ちなみに、湖畔からヤッホーと叫んだら、四尾連湖以上にやまびこが聞こえてびっくり。
ということで、みんなでヤッホー!😁
th_P9130090.jpg


雨池から少しだけ登り返して、無事に八柱山到着。
th_P9130072.jpg

下見の写真を見ると、電波塔が隣りにありまして(寝そべってるメインガイドは気にしないw)。
th_P9030041_20190914181232538.jpg

山頂下の鞍部にて、昼食。
私はパーコレーターで珈琲を淹れ、メインガイドの山本さんは、およそ同年代女子なら買わないであろう粋なラインナップで参加者様たちへお菓子を。
th_IMG_0637.jpg

そしてその合間に、お客様たちは、私と山本さんが張ったハンモックへ誘いまして。
木々の間に濡れることなくゆっくり寝そべって揺られて、のんびり空を見上げる至福のとき。
これぞ、浮遊層。
th_P9130077.jpg

ちなみに、私が持参したハンモックはこちら。
th_IMG_0635.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イノー eno SUB6 Orange [サブ6][ハンモック][オレンジ]
価格:10260円(税込、送料無料) (2019/9/17時点)



ストラップはこちら。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イノー eno Helios XL Suspension System Grey [HX001][2019年新作]
価格:5940円(税込、送料別) (2019/9/17時点)


ハンモックとストラップのセットで400g弱という超軽量。ザックにサクッと忍ばせても負担にならないのがグー。

さて、食後は来た道をてくてく戻りながら、怪しい匂いを嗅いだり、
th_P9130115.jpg

最後の最後には、標識も無い分岐点から地獄へ堕ちてもらいまして。
th_P9130119.jpg

ここは昔火口だったところ。下見時の空撮で上からみるとこんな感じ。
3_20190914181226930.jpg

4_20190914181227103.jpg

下から見上げるとこんな感じ。
th_P9030081_20190914181235574.jpg

ツアー終盤、木漏れ日指す苔林の中を抜けて、
th_IMG_0642.jpg

元気に無事に楽しく1日を終えたのでした。
th_P9130141.jpg

関連記事

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

0 Comments

Add your comment